コーディネートのポイント|見せ場の角度を意識する


ポイント1

コーディネートのポイント

「見せ場」の角度を意識する

point03


住宅展示場などのモデルハウスの目的は、顧客に実際のくらしをイメージしていただくことであり、夢を持っていただくことです。

なんとなく「いいな〜」と思っていただいたとしても、それだけだと何もあとに残りません。
それにたいていのモデルハウスが、それなりにコーディネートされているので、どれもがそれなりに「良い」はずなのです。そんな中、顧客に印象に残してもらうには?「わぁ、素敵!!」と舞い上がってもらうためには?

それは・・・
「第一印象」で決まります。
人も同じですね。

「玄関ドアをあけたとき」
「リビングドアをあけたとき」
それが第一印象になります。

特に「リビングドアをあけたとき」が勝負です。
間取りによって、その空間がもっとも素敵に見える角度はさまざまですが、コーディネートの際は、「リビングドアから見える角度」を重視します。何度もリビングドアの前に立って、空間を確認します。

これは実際の住まいでも同じです。自宅に友人を招くとき、お客様を向かえるとき、やっぱり「素敵な住まい」と思ってほしいですよね。

「リビングドアをあけたときに見える景色」

この角度を意識して、家具や小物の配置を決めるとよいでしょう。